2013年10月12日土曜日

新作発売のお知らせ

 このたび、新作「除妖師II」を発表いたしました。




 本作は、あの大好評だった

嘘付け

 ……やや好評だった前作「除妖師」の続編で、主要登場人物はそのままで、前作を遥かに超える力を持った妖術師たちが暴れまわります。脱法ドラッグを題材に、人間の魂や、愛憎に対する小生なりの疑問を投げかけた作品です。といっても、答えはありません。

だめじゃねーか

 そう、だめです。でもダメな人間が書いたのですから、ダメで当たり前です。それに薀蓄めいた説教や押し付けの意見を書くつもりは毛頭ありませんし、書こうと思ったって書けません。なにしろ頭の中はアルコールが蔓延していてほとんど壊死状態ですから。

 本来であれば、さらに続編を、といきたいところですが、本シリーズは本作を持って一旦終了とさせて頂きます。理由は聞かないでください。

不評だったからだろ

 ……違います。長編を1作書き上げるのに3ヶ月、仕事以外の時間のほとんどを費やし、途中で投げ出したくなることも多々あります。それを克服して書き上げる為には、モチベーションが必要なのです。でもシリーズものの場合、これがとても難しいのです。以前も書きましたが、1作目が売れなければ2作目は絶対に売れないわけですから。正直、今のままモチベーションを維持する自身はありません。

だから、売れなかったんじゃねーか

 ……とても残念です。いつか日の目を見るようなことがあれば、3話目以降に取り掛かりたいと思います。(すでに3話目のプロットは作成済みで、本来であれば最低でも4話まで書くつもりだったのです)

 さて次作ですが、実はまだ決まっていません。クリスマスに向けて少し短めの恋愛物もいいかな、とか、ブレードランナーのような幻想的なSFもいいし、あるいはノルウェーの森のような自己回想的な文学作品も面白いな、とか色々思案中です。

むりだよ

 ……重要なのは、チャレンジ精神です。かのジョブス氏もそう言っていました。(たぶん、嘘です)
 とにかく、もう少し考えてから決めたいと思います。なにしろ、一旦決めれば3ヶ月間もの貴重な時間を費やすわけですから、納得がいくまで妥協はできません。(実際、過去3作もゴミ箱に捨てる羽目になりましたから)

 ということで、新作「除妖師II」をよろしくお願いいたします。なに、前作をお読みでない?

それはいけませんね

 さっそくアマゾンで購入しましょう。ちなみに、近いうちに前作の無料キャンペーンを実施しますが、もちろん今すぐ買って頂いてもかまいません。いや、むしろ買っていただきたい。(¥99ですし)


買わねーよ

 とても残念です。じゃあ無料キャンペーンまで待って、ダウンロードでもしやがれ――いや、してください。

 いずれにしても、今夜は、とても酒が美味いのです

1 件のコメント :

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除